幸せな毎日🍀

ただ しあわせな毎日の覚書き

日曜日✨✨

おはようございます🌞🍀✨



先月末週に上の息子が引っ越して来たりで家が落ち着かずパタパタしております。


で、、、私も転職をしようとしておりパタパタ。

まだ入って間がない今の職場ですが、3ヶ月通勤してみて、やはり家の近くで働こうと思いました。


出来れば電車に乗らなくて済むくらい近く。

もし乗っても1駅くらい。


転職先が決まるまで不安ではありますが、、、今の私には息子2人のことが心配なのと、私と息子、我が家3人が居候させてもらっているK君への気持ちです。


K君は元々1人が好きな人。

自由に静かに暮らしたい人。

本人もそう言ってます。

本当は1人が1番良い、、、と。


でも縁があって一時は結婚もしていた私が頑張ってたり困っているのを見捨てておけない気持ちもあるので、、現状になっているとの事です。


本来なら1度決めたことを反古にしたくない人で、本人から言い出した離婚を多分、今も気に病んでるのだと思います。

、、私も相手から離婚したいと言い出した事を随分と責めたし。。


息子達が大学で家を出るまで4人で暮らしていたのか3〜4年間。

下の息子は大学を出て直ぐからK君と暮らしています。

上の息子は久しぶりにK君と暮らします。


K君に息子達が初めて会ったのが2人が小学生低学年と幼稚園の時。

K君は2人にとても良くしてくれましたし、子供達も穏やかで適度な距離感を保ってくれるK君には接しやすかったみたいです。


それでも。

本当の身内でも相性はあります。

血が繋がった家族でも。

赤ちゃんから知っている身内でも。



側から見ていてK君は下の子の方が可愛いらしく思っているような気がします。

元来、全くの他人なのですから、2人ならこの子の方が何となく可愛いな、、という気待ちがあっても致し方ない事です。

勿論、上の子の事も気にかけてくれるし、大切にしてくれます。

K君サイドから息子達への思いは頭が下がるばかりの対応しかありません。



ただ、、息子たちも大人になり、、それぞれ個性が強くなり生き方が濃くなってきてます。

上が後2日で28歳。下が夏には27歳です。

2人がもう少し、他人の家に住まわしてもらっている各々の理由を自覚して行動に出してくれれば、、ここまで気に病み心配しなくとも済むのですか、、。



自由にしたいなら各々が独立すべきであり、独立したいなら、貯金することにもっと意識を向けるべきだし、出て行けれるその日までは、お世話になっている方のルールに沿うべき、、、だと私は思うのですが。


何にせよ、今の息子たちの行動や態度を見ていると私自身の今までの子供たちへの関わり方を悔やむばかりです。

猛省してもしたりないです😣

本人達の責任も勿論あるとは思いますが、やはり、こうなったのは小さな頃から10代の性格の基礎を作る時代に私が誤った骨組みを与えてしまった事が1番の大きな原因かと思われます。

し、、、思い起こせば、、誤った骨組みの原因がたくさんあるからです。


各々の大学受験や大学時代に驚かされる、冷や冷やさせられる事件がたくさんありましたが、学生を卒業して社会人になれば落ち着くだろう、と私は思っていたのです。



、、の結果が今です。


落ち着くどころか危うんでいた各々の気になる点が浮き彫りになり、今となってはフォローのしようがあまりありません。

ただ、親でもあるし、私の責任もあると思うので放っておく事も出来ず。。


今はご飯を作り、洗濯をし、帰社するまで待ち、ただ側に寄添い、声掛けをする、、事しか出来ないですが、もう一回 子育てをするつもりで頑張ってます。


それもあっての近所への転職です。


家庭か仕事か、どちらかなら、私は家庭をとりたい。

昔、家庭か私かを選ぶ時に、私は私を選択したので、、、。そのせいで結果 子供達に皺寄せが行き、、現状を作り出すことになったので。


今度は家庭を選び、子供達を選びたい。


もう子供も28と27で大人なのだから、、距離感が難しい。

本当の意味での親離れ、子離れするために、1度 きちんと親子の繋がりを持たなくては離れるも離れられないも何も始まらないと、、私は考えてます。


私個人考えなのですが、、、。


息子には母親、娘には父親の影響が大だと思います。 ひっつきもっつきではなくとも、その姿勢なり生き方や背中を異性の親を見ていると思うのです。

同性の親は生き方サンプル、になってるような気がします。お習字のお手本みたいな。


例えば、、私は女ですから母親は女性としてのサンプルです。真似っこから始まり、自分との違いを意識し始め、各々が違う存在なんだ、と理解する。

そこから、色んな個性があり、共存するために譲り合いなり、何なりが必要なんだ、と知る。。みたいな。

父親には社会で生きていく、、もっと広範囲での人間としての役割や生き方を見て覚えた気がします。

実際の関わり合いや会話はかなり少なかったですが、それでも正直さや真面目さなど見ていて肌で感じるものがありました。

後は最初に知る異性なので、、、私の中の『男性』は父親からスタートしてます。

父親が真面目であまりお喋りではなかったので、やはり私もそのような男性の方が一緒に居やすいです。 大人しくも陰気ではなく、スポーツマンでもあり、皆と楽しく過ごすのも好きな人です。数学が好きで家にはたくさん数学の本がありました。



私の息子たちがそれぞれの足で旅立つ日まで、、そんなに時間はないと思います。

若いエネルギーが飛び立ちたいばかりに羽をバタバタさせてるのを感じるからです。

ただ、どうやって飛べば良いのか四苦八苦しているようです。


怪我をせぬよう、嵐に巻き込まれぬよう、巻き込まれても何とか翼を折ること無く、無事乗り越えられるよう、、もう少しだけ 側で見守っていきたいと思います。


その為にK君には本当に申し訳ない辛抱を強いることになるのですか、、、。

いつか恩を返したいと思っております。



今日は午前中に1人で映画に行こうか、読みかけの本を読もうか悩み中です。

午後は上の子の就職祝いとお誕生日祝いで皆で外食です。


さて、さて、

明日からまた1週間始まります。



春には目処が立ち、初夏の陽射しを浴びる頃には、、心も軽やかに爽やかに過ごせている事を期待して。。。


早く 暖かくなーーーれ!!